» 健康のブログ記事

炭水化物ダイエットは、毎日の食事から炭水化物だけを少なくすることによってカロリーを制限し、ダイエット効果を得るというものです。炭水化物ダイエットは、どういった点が注目されているのでしょう。糖尿病になった人が、血糖値を急激に上げない食事をするために、まず野菜やスープから食べるように推奨されるというダイエット方法が、メディアで注目されています。炭水化物の量を調整してダイエットする方法も、基本は糖尿病患者のダイエットを同じものです。炭水化物は短時間で体内に吸収されるため、血糖値がすぐに上がるという作用があります。上がった血糖値を下げる為にインシュリンと言う成分が分泌されます。血液中に含まれている当分を脂肪に取り入れることで、血糖値を下げるという仕組みです。いきなりインシュリンが分泌されているうな体はそれだけ血糖値が急上々している体ですから、ダイエットがしづらいわけです。炭水化物は血糖値を急激に上げる作用があります。これに対して、卵、牛乳、肉、魚などのたんぱく質は、消化や吸収がゆっくり行われるので血糖値が9には上がりません。普通ならばダイエットをすると、肉などから減らしていく人が多いようです。炭水化物を控えた食事をすることによって、エネルギー源として体内に蓄積されている脂肪を使うようになります。脂肪をエネルギーとして使ってくれるようになるので、ダイエット効果が期待できるというのが炭水化物ダイエットです。
http://www.tori-yoshi.com/

アーカイブ

カテゴリー